ポーカーとそのルールを全部知ろう

Written by

ゲームの終わりにすべてのカードを見せるショーダウンの時に、より強い役を持っているプレイヤーか、もしくはショーダウンをせずとも最後にベットをしたプレイヤーが、そのゲームの勝者となります。

上に示されたように、一番強い役が一番左、右に行くほど弱くなります。一番弱い役はハイカード。通常、ポーカーはホールデム、オマハのビッグブラインドとスモールブラインドなど賭けを強制するものもあります。これらはベットを毎回のゲームのはじめに強制するもので、プレイヤーがゲームで勝つ最初のチャンスでもあります。中間でベットがかかるゲームはポットの額が大きくなります。 

ポーカーとそのルール

カードと賭けのラウンド

通常、最初のカードが配られるまでの間に、プレイヤーはテーブルに対して時計回りに順番を回すように伝えられます。自分の番が来た時、それぞれのプレイヤーは以下の1つのアクションをします。

チェック ― ベットをすれば、チェックをしない、ということです。チェックというアクションは、時計回りで次のプレイヤーにアクションを移します。1つのラウンド中に、ベットをしていないプレイヤーのみがチェックができます。もし全員がチェックをした場合は、プレイヤーは留まり、そのラウンドは終了となります。 

ベット ― 他のプレイヤーがまだ誰もしていない場合、ベットができます。ベットがかかったあとは、他のプレイヤーはその賭け額と同額をコールしないと、そのラウンドを続けられません。

フォールド ― フォールドしたプレイヤーはカードを没収され、勝つこともそのラウンドに参加することもできなくなります。 

コール ― プレイヤーがベットをかけているとき、コールをします。コールをするときはその時点での最高額と同額を賭けなければいけません。

レイズ  ― その時点で他のプレイヤーがベットをかけていたら、レイズをします。レイズしたプレイヤーはその時点での最高額に加えて、さらにベットをします。それに続く他のプレイヤーもコールか再度レイズをしないといけなくなります。

ポーカーにはたくさんのバリエーションがあり、それだけベッティングのバリエーションも異なります。世界的に有名な2つのポーカーの種類は、テキサス・ホールデムとオマハで、この2つはプリフロップ、フロップ、スイッチ、リバーなど4つの共通したベッティングの方法があります。

コミュニティカードが広まる前は、プリフロップがはじまりでした。すべてのプレイヤーがホールカードを集めると、3枚のコミュニティカードが表向きになった状態となり、賭けがオファーされます。4枚目のコミュニティカードが返され、5枚目のコミュニティカードがリバーとしてベットされます。

それぞれのベッティングのラウンドはすべてのプレイヤーが賭けられたベットに対してバランシングをするかフォールドするかまで続きます(ベットがされない場合は、すべてのプレイヤーがチェックをしたということなので、そのラウンドは終わりとなります)。1つのラウンドが終われば、次のラウンドが続くか、おしまいになるかです。 

テキサス・ホールデムにおいて、すべてのカードが開かれた後の役づくりの例。プレイヤーが5枚の組み合わせの中で最強の5枚の役をつくれる場合は、ホールカード2枚とコミュニティカード3枚でストレートをつくることができます。

Article Tags:
Article Categories:
テキサス

Comments are closed.

Shares